稼ぐ編

【時間がなくても大丈夫!】医療系学生におすすめのバイト【薬学部】5選!!

薬学部 バイトしている暇ある?

高校生
高校生
薬学部に入ったらもうバイトはできないの?
チビ助
チビ助
大丈夫です! 薬学部生でもバイトをしている人はたくさんいます!!

薬学部生はどのくらい時間があるの??

薬学部では必修科目がほとんどで、朝8時から、夕方の5時~6時ぐらいまで授業があります。また2年時以降は実習も始まってくるので、実習が終わるまで学校に残らなければいけません。私の学校では遅くとも7時までには帰すという決まりがありましたが、学校によっては夜中の11時まで残って実験をやる。なんていうところもありました。

そのため、平日にバイトを入れるのは難しいと思います。

では、薬学部生におすすめのバイトはどのようなバイトなのでしょうか。

薬学部生におすすめのバイト!!

  1. 長期休みを利用したバイト
  2. 派遣
  3. 学校が募集しているバイト
  4. 試験監督
  5. 学校に近いところのバイト

この5つをほとんどの学生がやっていました。

一つ一つ解説していきます。

1.長期休みを利用したバイト

長期休みを利用したバイトにはプールや海の監視員のバイトやお中元、お歳暮の包装のバイト、リゾート地でのバイトなどああります。

その中でもお勧めしたいバイトは、お正月の巫女さんのバイトです。

巫女さんのバイトはほとんどが年末年始の一週間程度ですが、住み込みのところも多く、交通費も出してくれるので全国どこでも行くことができます。

また、短期のバイトであるため時給も高めで、労働時間も長い傾向にあります。

私も巫女さんのバイトを一度経験しましたが、5日間のバイトで6万円以上稼ぐことができました。また、交通費は別途で貰うことができ、住み込みだったのでその間の生活費や食費などは全て支給されました。

普段のお正月には、福袋を買ったりとお金を使ってしまうことがよくありましたが、ネット以外で買い物ができない環境に5日間置かれたので、しっかりと貯金することができました。

また、学生の時にしかできないレアなバイトなのでなかなか良い経験になりますし、話のネタにもなるので一度はやってみると楽しいと思います。

2.派遣

派遣会社に登録して、一日単位で働くというやり方が薬学部生の間では主流でした。

派遣会社への登録は簡単ですし、働く場所へは派遣会社が送迎してくれるところもあったので交通の便の悪い田舎の大学の人でも楽に稼ぐことができるバイトです。

派遣会社はたくさんありますが、「○○(自分の住んでいるところ) 派遣」と検索すればすぐに出てくるのでそこでまず登録してみるといいと思います。

3.学校が募集しているバイト

学校が募集しているバイトは私が最も長く続いたバイトです。

学校の図書館やジムなどの設備の担当をするバイトです。

採用数はあまりないですが、学校が募集しているため学生のスケジュールなどには柔軟に対応してくれますし、実習で遅れそうなときもLINEで連絡を入れればいいよ!という感じのバイトでした。

また、他のバイトと違い学校にバイト先があるので通勤の時間が必要ないというメリットがあります。そのため授業が終わってすぐバイトを入れられますし、その分稼ぐことができるので稼げるバイトになります。

募集があればすぐにでも飛びついたほうがいいバイトです。

4.試験監督

試験監督のバイトは単発であります。

このバイトの特徴は時給がほかのバイトと比べ高いことです。また、長く続けていると時給は上がっていきますし、本部担当になると試験監督ではなく、本部で待機というとても楽なバイトで稼ぐことができます。

しかし、試験を受けている人にとっては人生を変えるかもしれない重要な試験であることがあるので、非常に緊張感のある時間を過ごすことになります。またしっかりとマニュアルを頭に入れておかなければなりません。マニュアルは試験によって内容が変わってきますが、非常に分厚い内容になっています。

あと、試験の説明を最初に行うことが多いのですが、人前で話すのが苦手な人は難しいかもしれません。

5.学校に近いところでのバイト

学校に近いところのバイトでは、同じ学校の人が一緒に働いている場合も多く、バイト先の人も学校のスケジュールを考慮してシフトを入れてくれます。

あまり考慮してくれないバイト先で働いている子などは、それが原因で留年してしまう人もいました。バイトで月数万円稼ぐために留年し、一年間で200万円の学費を余分に払うことになるのは、本末転倒です。そういったバイト先はすぐにやめましょう。

以上が薬学部生におすすめのバイト5選でした。

しかし、多忙な薬学部生がバイトをするうえで注意しなければならないことがあります。

薬学部生のバイトの注意点

薬学部生は一年に2回定期テストがあります。定期テストで一科目でも落としてしまうと、夏休みや春休みも減ってしまいますし、再試験を受けるときには追加で受験料を一科目につきいくらという形で払わなければなりません。

そのため、バイトが勉強の邪魔になってしまってはいけません。

そのため、まずはバイト時間に余裕をもちましょう。

その次に、テスト前に休ませてくれるところで働きましょう。

また、4年生の2月から5年生にかけて始まる実務実習中は原則アルバイト禁止です。ばれてしまった時のリスクも考えて絶対にバイトをしないようにしましょう。

また、6年生になってバイトをするのは非常に危険です。6年生の一年間ぐらいは勉強だけに集中しましょう。意外と6年生の一年間は卒業研究などもあり、忙しいです。

国家試験に合格できずに予備校に通うとなると100万円近くかかりますし、予備校生(既卒)の国家試験合格率は非常に低いです。それは実務実習の内容が結構出題されるからです。そのため、時間がたつにつれて国家試験に不利になっていき、どんどん合格率が下がっていきます。

なので、5,6年時にはバイトは控えたほうがベストです。

金銭面でつらく、バイトをしないと学費が払えないなどの問題のある人は、企業の奨学金サポート制度などを利用すれば、月5万円ぐらいは返済の必要なく貰うことができます。

【奨学金サポート】会社に学費を負担させる方法??【返済不要】奨学金サポートって何? 奨学金サポートとは 奨学金サポートは企業や病院が学生に卒業後自分たちの企業や病院に就職することを...

このような制度は探せばあるので活用していきましょう!!