転職

【完全版】スポーツファーマシストになるには【求人】

【完全版】スポーツファーマシストになるには

スポーツファーマシストとは

スポーツファーマシストとは、最新のアンチドーピング規則に関する知識を有する薬剤師のことです。

オリンピックなどのスポーツの大会に出場する選手はドーピング検査を受ける必要があります。ドーピングは不必要に薬剤を服用しスポーツのパフォーマンスを向上させるため、スポーツ倫理に反するだけでなく、健康被害も多発しています。

そのため、アンチドーピング機構は選手にドーピング検査を行い、ドーピングが認められた人には出場停止、成績のはく奪などの厳しい措置が取られます。

スポーツファーマシストはドーピング検査を行うだけでなく、選手が非意図的にドーピング禁止薬物を摂取しないように医薬品の情報提供などを行ったりします。

スポーツファーマシストになるためには、薬剤師免許の他に認定を得る必要があります。

スポーツファーマシストのなり方

スポーツファーマシストになるには(公益)日本アンチ・ドーピング機構が定める所定の課程(アンチ・ドーピングに関する内容)終了後に認定される資格が必要です。

資格認定までには大体、以下のようなスケジュールになっています。

  • 4~5月…受講者募集受付(7,600円の受講料が必要)
  • 6~7月…基礎講習会
  • 11~12月…実務講習申込受付
  • 12~1月…e-learningで実務講習、知識到達確認試験、認定申請(21,000円)
  • 4月1日…認定

となっています。1年かけてスポーツファーマシストの認定を得ることが出来ます。

一度認定されても、認定は4年間、また毎年実務講習を受ける必要があります。

ドーピング禁止薬物は毎年新しいものが追加されますし、それ以外のタイミングでも追加されることがあります。そのため、常に知識をアップデートしなければならず、一つのミスで選手生命を奪ってしまいかねない、重要な役割のある職業です。

スポーツファーマシストって求人はあるの?

東京オリンピックのスポーツファーマシストの募集は2017年にありましたが、無給・交通費自腹・仕事は10日は休め!というひどい内容の募集でした。今はどうなっているかはわかりませんが、このような大会のある時には募集がかかります。なので、基本的には不定期でやることになります。

その場合日当は1万円~が相場です。

しかし、不定期での仕事のたびにいつも働いている薬局や病院を休む必要があります。そのため、職場の理解が必要です。ただ、スポーツファーマシストの認定取得を応援している薬局などがあります。そういったところで働くと休みもとりやすいと思います。

スポーツファーマシストの認定を応援している薬局の探し方は、普通に求人サイトで薬剤師・スポーツファーマシストと打ち込んで検索すれば出てくるのでそんなに難しくありません。

試しにファルマスタッフという薬剤師向けの転職サイトで検索をかけてみると、4件ヒットしました。どの薬局でもスポーツファーマシストの認定支援制度があり、一部の薬局では患者さんにスポーツ選手がいるということなので、スポーツファーマシストとしての職能を発揮する数少ないチャンスです!



コネがあれば専任のスポーツファーマシストになれるかも

少ない数ではありますが、一部のスポーツファーマシストの人はスポーツチームの専任スポーツファーマシストをしている人もいます。

専任なので給料も十分出ますし、薬剤師として選手をサポートできるとても良い環境で働くことが出来ます。

しかし、まだまだ数は少なく、求人サイトを見てもそういった募集はないので今は自分で見つけていくしか今ないように思えます。しかし、まだまだ開拓されていないところなので第一人者になれば普通の薬剤師では到底もらえないような給料を獲得することもできます。