薬剤師

【平均1,000万円!?】薬学部生は奨学金をいくら借りているの?【返済できない?】

【平均1,000万円!?】薬学部生は奨学金をいくら借りているの?【返済できない?】

薬剤師になるには薬学部に6年間通わなければなりません。国公立の大学であれば入学金を入れても学費は6年間で350万円ほどですが、私立の薬学部は一年間の学費が平均で200万円です。6年間では1,200万円にも上ります。また、それに加えて教科書代が年間10万円近くかかり、多忙のため他の学部の人のようにバイトもままなりません。

そのため、私立薬学部に通う人は”奨学金”を借り入れます。薬学部生の奨学金の借入額は多く約半数の人は1,000万円以上借りているともいわれています。

JASSOの奨学金では第一種(無利子)が上限65,000円、第二種(有利子)が上限140,000円です。これを上限まで借り入れると借入額は1,500万円近くなります。

奨学金だけで薬学部に通えるのか?

先ほども記載した通り、薬学部の学費は6年間で1,200万円。奨学金を上限まで借りても1,500万円です。学費を引くと300万円しか残りません。他にも勉強に使う教科書や参考書などに年間15万円以上は使うため、約200万円が残るとすると一年間33万円しか使えないことになります。

実家で暮らしている人であれば十分な金額ですが、アパートを借りている人などはこの金額で暮らすのは不可能です。そのため、奨学金を満額借り入れても薬学部に通うためには両親からの援助は必須です。

1,000万円以上の奨学金を返済できるのか

薬剤師の初任給は大体20~30万円です。なぜ10万円も差が出るのかというと病院は安く、ドラッグストアは高い傾向にあるからです。病院は基本的にどこも赤字なので人件費に回すお金がありません。そのため給料は安いです。

ドラッグストアであればクスリのアオキなど業界トップクラスの初任給の高い会社だと40万円というところもあります。

【2022年度最新】クスリのアオキは激務で超ブラック?でも給料は高いってホント?? 徹底検証クスリのアオキの年収は?働きやすい? クスリのアオキ ポイント 給料は大手ドラッグストアで最も高い しかし、みなし残業...

では、初任給が20万、30万、40万の場合の返済シュミレーションをしてみます。奨学金の返済は第一種500万円、第二種500万円で第二種の利率は0.002%とします。(私の返済額と同じです。)

1.給料が20万円の場合

給料が20万円の場合の手取りは約16万円です。月の返済額は4.5万円です。そのため残りは11.5万円。

20代の一人暮らしの場合の生活費の平均額は13万円です。奨学金の返済後に残るのは11万円なので平均よりも低い生活水準で生活する必要があります。

2.給料が30万円の場合

給料が30万円の場合の手取りは約24万円です。奨学金を返済後には19.5万円残るので、平均の生活費で暮らしても余裕で貯金ができるほどです。

初任給が30万円だと、調剤薬局でも転勤があれば余裕で貰える給料です。さらに転勤があるコースだと家賃補助もあるので生活にぐっと余裕が出ると思います。

3.給料が40万円の場合

給料が40万円の場合の手取りは約33万円です。奨学金を返済後には28.5万円残るので、一般的な独り暮らしよりいい生活ができます。

また、初任給で40万円を超えるところは僻地の薬局・病院かクスリのアオキぐらいだと思いますが、その場合は家賃補助が出るので月10万円以上も貯金も余裕で出来ると思います。

ただ、これだけ余裕があると奨学金を早めに返し終わりたいという人もいるでしょう。

奨学金の繰り上げ返済という手も

奨学金は基本的な設定では20年間かけて返すことになっています。返し終わるころには44歳… 気が遠くなります。

そのため、奨学金をまとめて繰り上げ返済することもできます。特に有利子の第二種奨学金を繰り上げ返済すれば将来かかったはずの利子分が浮くので、金銭的にもお得です。

しかし、繰り上げ返済する分をNISAなどの投資信託に回した方が得だという考えもあります。なので、そこは自分で考えて決めましょう!

薬学部生の奨学金 まとめ

  • 平均借入額は1000万円
  • 一人暮らしだと奨学金だけでは賄えない
  • 返済は月4.5万円
  • 病院に就職だと実家暮らしでないと返済はきつい
  • 調剤薬局・ドラッグストアは余裕

薬学部は非常にお金のかかる学部ですが、6年間耐えて薬剤師免許を取れば全国どこでも求人があります。

また、パートやアルバイトでも時給が2000円以上は確実にありますし、非常に安定した職業です。なので、1,000万円の借金をしてでも取る価値はあると思います。

今、薬学部に入るか迷っている人がいれば私は心からお勧めします。